岐阜でダイエットなら短期で痩身、部分やせのDr.Style

 

同じダイエット方法でも、痩せられる人と痩せられない方がいます。

 

簡単に痩せられる人と、何をやっても痩せられない人は、何が違うのでしょうか?

体質が違う?!実は、カラダの使い方に関係しているのです。

 

GN143_L

 

 

正しい姿勢

 

姿勢を正しくすることは、カラダを正しく使うということ。カラダを動かすには、筋肉の収縮が(働き)が必要です。骨格を支えている筋肉が、左右前後にバランスよく働くことで、無理なくカラダを動かすことが出来ています。

 

筋肉を均等に使っている姿勢こそが、正しい姿勢という訳です。

 

逆に、姿勢が悪いと、筋肉の働きが偏ることになり、筋肉バランスを崩すことになるのです。筋肉バランスが崩れると、当然、骨格を支える力が偏るため、カラダに歪みを起こしていくことになります。

 

そして、カラダの歪みは、様々な不具合を生み出していくことになります。この不具合は、健康面に影響を及ぼします。

そして、太りやすいカラダ・痩せにくいカラダを作り、ダイエット面にも影響していくことになります。

 

 

 

筋肉の働き

 

カラダに歪みがあると、正しい姿勢が出来なくなり、筋肉はさらに偏ることになります。

 

筋肉の緊張が続くと、血管やリンパ管を圧迫して流れが悪くなります。流れが悪くなることで、カラダに余分なものが蓄積され、痩せにくいカラダを作ることになります。

 

 

血液とリンパの流れ

 

カラダを流れる血液は、栄養や酸素を細胞に送る役割があります。

栄養をエネルギーに変えるときに、カラダに不要なものも生成されます。

 

簡単に言えば、燃えカスです。これらを老廃物と言います。

 

老廃物の多くは、静脈の流れで回収され、腎臓機能で体外に排出されています。

また、リンパは、静脈が回収しきれなかった組織液を運搬する役割で、有害物質は除去し、老廃物などを濾過して、静脈と合流します。

 

老廃物は、尿や便、汗などで体外に排出されますが、血液やリンパの流れが悪くなると、老廃物が体内に滞ることになります。

これが、むくみ・セルライトとなり、代謝機能も低下させることになります。

 

また、疲労物質も老廃物の一つですので、筋肉のコリ・痛み・疲れなども起こすことになります。

 

 

カラダの歪みを整える

 

正しい姿勢で、カラダを正しく使うことで、余分なものを排出して、代謝機能も良くなります。

 

結果、痩せやすいカラダになる訳です。カラダに歪みがあるまま、無理な運動をしても、カラダを正しく使えていないため、筋肉が余計に偏ることになります。

 

当然、ダイエットの効果も期待出来なくなります。ダイエットを成功させるには、カラダの歪みを改善して、痩せやすいカラダをつくることが重要と言えます。