岐阜でダイエットなら短期で痩身、部分やせのDr.Style

 

ただ体重を落とすだけが、ダイエットでしょうか?体重を減らして、綺麗なボディラインにならなければ、ダイエット成功とは言えません。

 

体重は減ったのに、下半身だけが太い・お腹が出ている・・なんてことないですか?これらは、骨盤の歪みが原因と言えます。

 

骨盤を正しい位置に戻すことで、アンバランスな体型を綺麗にすることが出来ます。

 

01

 

骨盤の歪み

 

椅子に座るとき、必ず脚を組む・床に座るとき、あぐらや横すわり・ぺたんこ座りをする・片側にばかり重心をかける・同じ肩や腕で荷物を持つ・・など、日頃の良くない癖や良くないカラダの使い方、姿勢の悪さなどが原因で、骨盤は歪みを起こしてしまいます。

 

骨盤は、カラダの真ん中にあるため、骨盤が歪めば、カラダ全体に歪みを起こすことになります。

 

カラダの歪みは、健康面にも影響を及ぼし、肩こり・腰痛・頭痛・むくみ・冷え性などの不調を起こしていきます。

そして、太る原因ともなっていくのです。

 

 

 

下半身

 

骨盤の歪みは、O脚やX脚などの脚の歪みを起こすことになります。

 

例えば、O脚の方は、脚の重心が外側にあるため、太ももやふくらはぎなど、脚の外側の筋肉ばかりが発達して、ガッチリとした脚になります。内側の筋肉はあまり使わないため、衰えてしまいますが、バランスを保つために、余分な脂肪がついていきます。

 

内ももの筋力が弱いと、お尻を支えられないので、大きく垂れたお尻となってしまいます。

 

X脚の方は、重心が内側にあるため、内側の筋肉が発達することになります。

お尻は突き出た形になります。重心側の筋肉は、いつも緊張していなくてはいけません。

 

緊張が続けば、筋肉は硬くなり、血行やリンパの流れを悪くすることになります。

すると、老廃物が滞り、代謝機能を低下させていきます。むくみ・冷え性・セルライトを起こし、痩せにくい脚を作ることになります。

 

 

お腹

 

骨盤を支えるために、骨盤周りの筋肉が偏った働きをすることになります。

筋肉の偏りで、余分な脂肪がつくとともに、血行やリンパの流れも悪くなります。

 

カラダに冷えを感じると、内臓を守るために、自然と脂肪を蓄えることになりますので、お腹周りが太ってしまいます。

また、骨盤は内臓を支える役割があるため、歪みがあれば、内臓が下がってしまいます。

 

内臓が合った場所には脂肪がたまるため、下腹が出て、ポッコリお腹になります。

 

 

 

歪みを直す

骨盤を正しい位置に戻すことで、余分な脂肪や老廃物を排出することが出来ます。

代謝機能もよくなるため、ダイエットに効果があると言えます。

 

綺麗なボディラインを作るには、カラダを正しいラインに戻すことが重要と言えます。